ナレーションの様々な発声法

  • ナレーションの仕事は俳優が近道です

    • ナレーションといわれる仕事は、アニメの声優や洋画の吹き替えなどで広く知られるようになりました。



      昔は、ナレーションは声だけのもので年齢も男なのか女なのか、ましてや姿かたちが分かるものではありませんでした。


      ところが、今は声だけを聞いて顔が思い浮かべられるように、人物が俳優のように知られるようになり、より声優の希望者に拍車がかかりました。
      ナレーションには、アナウンサーのように原稿を読む人から、アニメのように子どもの声を張りあげるように発声するものまでさまざまあります。

      専門学校も首都圏を中心に、テレビ系統や演劇系統などたくさん誕生して、若い人たちが将来を夢見て頑張っております。
      ところが、声優といえども伝える相手は、アニメを見ている人間に話しかけなければなりません。



      見ている人は、アニメの動きを見ながら声優の声を聴いているのです。



      当然、動きに合わない声では臨場感を生み出さないで、色あせてしまいます。俳優といわれる職業は、台本を受け取ると、その人物に自分がなりきるために努力をおしみません。

      台本を撮影現場に持ち込む人はおりません。



      人によっては、長い髪を切ったり、丈夫な歯を抜いたり、痩せるためにトレーニングを重ねて20キロの減量をさせたいりします。

      ナレーションを職業とするには、声だけのトレーニングでは限界があるものです。



      俳優から声優に転じたり兼任している人が多いのは、身体で表現する能力をナレーションには必要であるといえるからです。



  • 関連リンク

    • ナレーションとは、ドラマや映画などにおいて状況や物事の説明をすることです。これは語り方によって印象が大きく変わる重要なものです。...

    • 映画やドラマ、舞台などで物語を説明的に語ることをナレーションと言い、それを請け負う人をナレーターと呼びます。ナレーターは多くの場合、舞台上に姿を現すことはなく、裏方と同じようなポジションで作品を支えています。...